diary

タケウチ選挙日誌

知れば知るほど、深くて広い北九州の「底力」。

【DAY10】

武内和久です。

今朝は、門司駅にてご挨拶。

出馬記者会見の地でもあり、何度も通った居心地の良い場所のひとつです。

あちらから、こちらから、グリーンをまとった女性たちが、続々と。そして男性も。

あっという間に10名のチームで、今日も皆さんにご挨拶です。

義務でもない、当番制でもない、「この指とまれ」方式で毎朝いろんな方が来てくださる時間に、1日分のエネルギーをいただくように気がいたします。

皆さん、本当にありがとうございます。

最近は、「タケウチさん、北九州はこうすると面白くなるよ」「北九州には、こんな可能性があるよ」というメッセージをいただくことも多くなってきました。

それをいただき、学ばせていただくのが、愉しくもあり、ワクワクします。

「西小倉駅室町地区の街づくりを開拓し、もっと観光地としてのアピールを。日田の豆田町を参考に、あの室町橋から小倉城に繋ぐルートをもっと賑やかな地域にすれば観光の活性化になるのでは?」

「在住している利用者様に手厚い保護はしながらも、使われていない市営住宅は、素敵な緑地にする、民間活用でにぎわいを創る、企業誘致をする等々活用しては?」

「年寄りが夢を持てる街に。年寄りの夢ってのはね、人の役に立つことだよ。自分の経験や趣味が誰かの役に立つ。人の交わりには年寄りも金を使うよ。だからもっと住民どうしが盛り上がれる場所を作ってよ。」

まだまだ、知れば知るほど、深くて広い北九州の「底力」。

それをどんどん出してくださる皆さんに感謝です。

選挙というのは、必死で、悲壮で、訴える、のが常道かもしれません。それも勿論大事なこと。

でも僕は、「熱狂的な好奇心」をもって、皆さんに学びたい。そして一緒に考え、未来を描きたい。

答えは私の頭の中にあるのではなく、この街に、皆さんの想いの中に、既にある。

そんなスタンスもまた大事にしていきたい。そう考えています。

これからも、ご提案ある方は、ぜひ、メッセージお待ちしております。

明日からも、皆さんと一緒に、進んで参ります。

北九州なら、必ず、できる!!