diary

タケウチ選挙日誌

若者視点からの北九州について、色々と話を聴かせていただきました。

【DAY9】

武内和久です。

今朝は、西小倉駅にてご挨拶。

揃いのチームTシャツを自宅から来て歩いてきてくださった方、

ほんのりとチームカラーの緑をあしらった服で来てくださる方、

色を通じての一体感がありがたいです。

皆さん、本当にありがとうございます。

日中、25歳の起業家女性の方と、若者視点からの北九州について、色々と話を聴かせていただきました。

彼女の友人がこう言ったそうだ。

「私は北九州のことが大好き。でも私たちは北九州に愛されてないよね。」と。

そう思わせているとしたら、ショックだけど、僕は前段の部分に大いなる希望を見る。

では、若者たちが「街に愛されている」と感じる街とは何だ?

そんな議論になりました。

彼女たちのリアルな体感。当否は別として、現にそう感じているという話。

この街は、しがらみや環境の不十分さで「あきらめる」若者が多いと。

「地元に残りたいと思える企業があまり見当たらない」

「成長させてくれる、チャレンジさせてもらえる、尊敬できる大人がいる。そういう会社が増えてほしい。いや、きっとあるのだろうけれど、もっと接点を持ちたい。」

「ふらっと若者が集まれる、経験ある大人と交われる場所があるといいのに。」

きっかけづくり、と、継続できる仕組み。

「あきらめる人を減らしたい。」「若者がもっと活躍できる街になってほしい。」

切実、でも街への愛情に根差した彼女の言葉をどう受け止めるか。受け止められるか。

どう一緒になって、これからの街を築いていけるか。

はっと気づかされる、学ばされる時間でした。ありがとうございます。まだまだ、これから、伸びしろは十分だ。

明日からも、皆さんと一緒に、進んで参ります。

北九州なら、必ず、できる!!